Cohiba


ピナーデルリオ・ヴェルタ・アバホ地域の選ばれたタバコ農園だけで栽培され、
このタバコを育てるには入念な配慮と農夫の献身を必要とした。
コイーバブランドの商業化は1982年に始まり、初期のサイズは3種類だった。
ランセロ、コロナス・エスペシャル、パナテラで、厳かな贈答ギフトのように商業化された。
その後、コイーバは市場に新しいサイズ、エスプレンディド、ロブスト、エクスクイジートスを発表した。
そして最後にコロンブスのキューバ到着の5世紀後に、
2つの文化の出会いの500周年を記念して5つのサイズ、シグロシリーズを発表した。
コイーバは大量生産せず、タバコの収穫の質によりシガーの生産が制限される。
これによりコイーバはブランドの頂点を維持している。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

14